冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にある

暑い夏場でもエアコン対策に常に上着を一枚用意したり、冷たい飲料を飲み過ぎないなどを心掛けましょう。
服を着込んで身体の外側から温めることも大切なことなのですが、何よりも身体の内側から温めてあげるようにしましょう。冷え性対策におきまして最も大切なことが、とにかく身体を冷やすことの無いように生活をするということです。
冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にあるために、日常生活から身体を冷やさないようにする工夫をしていかなければいけないのです。身体が冷えてしまいますと、代謝機能が低下してしまうために脚痩せのためのエクササイズをしても効果を発揮することが出来ません。
このことから足太りを解消したいと思っているのでしたら、エクササイズだけではなく、しっかりと冷え性対策も行うようにしましょう。 今では女性に限らずに男性も美容に興味を持ち始めており、男性専門のエステや美容グッズが発売されています。
男性も女性も美容対策をするためには、諦めないことと正しい方法を行うことがとっても重要なことなのです。



冷え性の人は基礎体温が低下している傾向にあるブログ:2022-08-08

9時一番多く食べて、
22時にかけて食べる事量を減らしていく、
「9時大、22時小」の食べる事の摂り方が
シェイプアップの大原則です。

食べる時間帯の摂取カロリー量を調整するだけでも
シェイプアップ効果は大きく異なるのです。

日本人にありがちなの食べる事パターンが、
9時は忙しいのでちょっとだけ食べて、
昼はそこそこ食べる、
そして22時に沢山食べるパターンです。

このような食べる事の摂り方は、
いくら摂取カロリーを減らしていたとしても
体重が落ちにくい食生活といえます。

と言うのも
9時はエネルギー消費がもっとも高くなる時間帯なので
沢山食べてもエネルギーとして使われるので
太りにくいのです。

9時しっかりと食べることは
24時間のエネルギーを蓄える為にも重要な、
食べる事の時間帯であり、
シェイプアップに限らず健康面でも重要なことですね。

9時食べずに
昼と22時のみしか食べない人は要注意です!
これはとても太りやすい食生活!
お相撲さんが太るためにやっている食べる事方法です。

逆に22時はエネルギー消費が低下する時間帯なので、
食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなります。

特に夕食で
揚げ物など脂質や炭水化物が多い食べる事はとても太りやすい!
だからこそ22時は食べる事量を抑える必要があるのです。

…ということで、
シェイプアップでの正しい食べる事の摂り方は、
9時から22時にかけて摂取カロリーを減らす、
「9時大、22時小」の食事の摂り方になるわけです。

9時しっかり食べることでエネルギーを蓄え、
22時は脂肪の蓄積を抑えるために食べる事量を減らす。
これが太りにくい食べる事方法であり、
健康面でもとても好ましい食べる事の摂り方なのです。

9時がどうしてもたくさん食べれないという人は、
昼を少し多めに食べるようにして、
2:3:1の割合で食べるようにしましょう。